「心の栄養剤」足りてますか?心の疲れには音楽や読書、そして究極は

心の健康

今日のテーマは『心の栄養』です。

身体と心はセットです。

そのバランスが上手く取れていることが、健康的で、そして開運の秘訣でもあります。

心の栄養不足が招くこと

身体の栄養はわかりやすいですよね。

高栄養価の物を食べる、睡眠をたっぷりと取って身体を休める、などですね。

でも、どんなに身体のケアをしても『大切な心が置き去り。。』こんなことになっていませんか?

気付けば愚痴を言っている

イライラすることが多い

毎日が楽しくない

これらに該当するなら、それは完全に心の栄養が不足している状態です。

それでは運がだだ下がりですね。そんな状態の人は必見です!!

心の栄養とは?

心に栄養をくれるものといえば音楽や読書が浮かびます。

疲れた心を癒し豊かにしてくれるものですよね。

しかし私が思う一番の心の栄養は、ズバリ!感謝です。

私は宗教には属していませんし、「ありがとう」を一日に何回か唱えると幸福になる、そんな話もあるようですが実践したことはありません。

ここで言う「感謝」とは、心からのものです。

それが、私が自らの経験で発見した紛れも無い心の栄養剤です。

同じ境遇でも

ある日、ある時、それは一瞬の気付きでした。

同じような境遇の持ち主が二人いました。

一人の方は常に人生に不満を持っているのです。

そして常に他人と比べては自分の不幸をなげいています。

かたやもう一人の方は、「自分はとても幸せものだ」と言って明るく生きています。

私から見るとほぼ同じような境遇なのです。

「ん?」この違いは何なんだろう?と、とても不思議な思いでした。

しかし、よく話をしていくと圧倒的な違いがわかったのです。

そう!それが「感謝」の心を持っているか、いないか、ということでした。

「感謝」の心を持っている人は、幸福を感じる達人です。

・~があるから有りがたい

・~をしてくれて有りがとう

すべてのことに「感謝」を忘れません。

当たり前のことへの「感謝」を忘れないのです。

この世の中に当たり前のことなんてありませんよね。

その筆頭が命です!

“当たり前に永遠に生き続ける”

そんなことが可能ですか?

人生は有限だということに気付く!」

これが大切なんですが、そしてこのことを自分のこととして捉えていれば分かるはずなのです。

私達が思っている当たり前は永遠ではありません。

宇宙的に見てみる

「感謝」の心を持って人生を思い切り楽しみましょう。

それができないことが不幸の始まりなのです。

心の栄養が「感謝?」そう思われている方へ、嫌でも感謝したくなってしまうお話をさせていただきます。

これは絶対的な宇宙の決まりなんですが、

感謝の心を持っている人には、さらなる感謝できる出来事が引き寄せられてくるんです。

“類は友を呼ぶ”まさにこれです。

逆もまたしかりです。

嘆いている人には、さらなる嘆きたくなる出来事が引き寄せられてくるのです。

人生100年時代と言われています。

しかし、その『100年の人生は一度きり』です。

そして、その人生を楽しむことができるのも自分自身だけなのです。

当たり前など無い!早くこの事に気付いて下さい。

そして、心に「感謝」という栄養をあげましょう✨✨

これで身体と心のバランスはバッチリ整うはずです。

開運、どんどん楽しみましょう♪

タイトルとURLをコピーしました