40代の女性/疲れやすい原因は身体が硬い事!疲れにはストレッチ

体力アップ

今日のテーマは『ストレッチ』です。

まず断言しますが、身体が硬いと疲れます

重要なのは1にも2にもストレッチです!

これは私が体験記なので自信を持って言えますし、即効性もありです✨

40代以降の女性は疲れやすい

皆さんは、身体の柔軟性はありますか?硬くないですか?

私は40歳を過ぎた頃から肩凝りに悩まされることが多くなりました。

もちろん30代の時も肩凝りはあったのですが、原因がハッキリとしていたので諦めていました。(ちなみに子育て中のおんぶが原因だったのです。)

しかし40歳を過ぎた頃から襲われる肩凝りには、これといった原因が思い当たることもなく不快そのものでした。

不快なのは肩凝りだけではなく、身体全体がサビてしまったような、まるで機械の油が不足しているような、、

とにかく!!『どうにかしたい』という気持ちになりました。

そこで取り組んだことがストレッチです。

ストレッチの重要性

ストレッチを始めた理由についてはハッキリとしたものがあります。

あるニュースで、確か「80歳代で現役の会社員」をしているという女性を見たのがきっかけです。

80歳と言ったら後期高齢者ですよ!

なのに現役なんて素晴らしすぎませんか?

さらに驚いたのが、その女性の朝の習慣がストレッチだったのです。

習慣は人を変えると言いますが、まさに見習うべき習慣だ!と思いました。

サビついた身体

早速ストレッチに挑戦してまず最初に感じたこと、それは絶望でした。

私の身体、何ひとつ思うように動きません。

YouTubeを見ながらやっていても、全く同じ動きができません。

私の身体、完全にサビてました。。

ショックのあまり放心状態です。。

これでも若い頃は身体が柔らかい方でした。

どうして、いつの間に、私の身体はこんなにもサビ切ってしまったのでしょうか。

それでもめげずにストレッチを続けることにしました。

というより、これで辞めてしまったら私の身体はボロボロです。

続けるしか道はないのです。

深い呼吸が体に染み渡る

そして続けてみて思ったことですが、自分の呼吸を意識することの重要性を感じました。

普段の生活で呼吸を意識することなんてありません。

呼吸は無意識に任せきりなのです。

ただ、無意識の呼吸は『胸式呼吸』といって我々が普段している浅い呼吸です。

胸式呼吸と腹式呼吸

『胸式呼吸』では、血流が身体全体に行き渡らないそうです。

つまり血流が滞り、そのうちには身体に不調が現れてきます。

そこで必要なのが深い呼吸腹式呼吸です。

腹式呼吸のメリット

血流が良くなると、当然ながら体調が良くなるのですが、私達が想像する以上の効果が期待できるのです。

身体中に新鮮な酸素を大量に送り込むことで、もちろん血液の循環が良くなります。

数年前に流行った『ロングブレス』も呼吸法のダイエットとして大流行しましたね。

そして、身体だけではなく心も整うからメリットだらけです。

幸せホルモンと呼ばれている『セロトニン』も深い呼吸によって放出されるんですよ。

神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなると、イライラや疲れの原因にもなります。

『身体と心』はセットです。そのどちらの調子が優れなくても辛いものですよね。

腕など装着部位の血行改善、コリに効く

(金運を上げてコリを治すブレスレット)

ストレッチ・腹式呼吸の効果は?

私はYouTubeを見ながら根気良く、そして好きな時間にストレッチを取り入れました。

夜寝る前に疲れた身体をほぐしたり、目覚めをスッキリさせたりと、こまめに取り入れるのが良いですよ。

『腹式呼吸って難しい、、』そんなイメージありますよね。

しかしストレッチをしながら深い呼吸を取り入れると、どんどん身体が柔軟になっていくのです。

息を吐くことで自然と深いポーズができるようになります。

どんどん慣れてくるので、深い呼吸を楽しめるようになっていきます。

サビて硬くなってしまった身体が、呼吸と共にじんわりと柔軟になっていくのはとても気持ちが良いです。

朝が最適

80歳の女性を見習い、朝の出勤前にストレッチをするのが習慣になりました。

肩凝りを感じることはほぼ無くなり、夕方の疲れも激減しました。

偉大なるストレッチですよ!

私がオススメのYouTubeは『B-life』というチャンネルです。

まりこ先生が穏やかにストレッチやヨガを教えてくれます。

是非ともお試し下さい✨

さあ、意識的に身体に良いことを取り入れてどんどん開運しましょう✨✨

タイトルとURLをコピーしました