【ご長寿さんの秘訣】~無意識習慣~ご長寿の生活習慣をのぞき見る!

体力アップ

今日のテーマは『長寿の秘訣』です。

こんな時代だからこそ、ご長寿さんの生活を覗き見て参考にしましょう。

長寿の秘訣3カ条

身近なご長寿を見ていて、私なりに思う長寿の秘訣3カ条をお伝えします。

そしてこれは実践することが大切で、しかもそんなに難しいことではありません。

その3つとは、

よく食べる

スッキリと出す

よく笑う

以上の3つです。

この3つを無意識に実践している私の父をモデルケースとしてそれぞれ解説します。

ご長寿の食事(よく食べる)

私の父は84歳になりましたが本当によく食べます。

もちろん元気ですし、見た目も若く一回りは若く見られます。

親戚の伯母や近所のご長寿さんを見ていても、よく食べる人は若々しく元気な方が多いです。

確かに生きるためには食べなければなりません。

しかし『何でもよく食べればいいのか?』というと、そういうことではありません。

アメリカのことわざで「人間は食べた物でできている」という言葉がありますが、まさにその通りですね。

健康長寿の方々は身体に良い物をたくさん食べているのです。

ちなみに私の父は、肉・魚貝を好んで食べます。

そして果物も大好物で、特に柿やりんごは自分で買ってきて食べています。

90歳で亡くなった伯母も食べることが大好きでしたし、好物はトマトでした。

ご近所の100歳近くまで長生きしたおばあちゃんもカツオが好物でした。

どれも栄養価が高く身体に良いものばかりです。

健康長寿の方々は、特に身体に良いと言われている物を好んでたくさん食べているということです。

腸内細菌(スッキリと出す)

これは便秘をしないということです。

たくさん食べてスッキリ出すことが健康長寿の秘訣のようです。

腸は『第2の脳』と呼ばれていますね。

免疫力アップの鍵を握っているのも腸です。

腸内細菌(腸内フローラ)のバランスがとても大切で、善玉菌が多い方が免疫力がアップするのです。

腸内のビフィズス菌などの善玉菌が効能を発揮して「体の免疫力を高める」という仕組みなのです。
スッキリの快便は基本ですね。

確かに父が便秘で困っている所を見たことがありません。
それどころか、1日に2回のお通じはざらにあることです!

よく笑う

これはつまり

『ストレスを溜めない』

『クヨクヨしない』

『心を折らない』ということです。

血圧や血糖値などのために、食べる物に注意をして身体の健康を気遣うことはもちろん大切なことです。

しかし、血圧や血糖値もストレスの影響をとても受けているようです。

さらにストレスが限度を超えてしまうと心の病気になってしまいます。

人生に悩みは付き物ですが、何事もほどほどが大切です。

持って生まれた性格のようで、ご長寿達はあまりクヨクヨしません。

よく笑います

気持ちをおおらかに持って生きることが大切なのですね。

クヨクヨせずに笑って過ごすことが免疫力アップに繋がっていたのです。

私の父は野球や相撲が大好きで、テレビを見て思いっきり楽しんでいます。

わりと高齢になってから料理もするようになり、煮物や漬物を作って家族に振る舞うこともあります。

年齢など関係なく毎日を謳歌しています✨

最も気を付けるべきは?

ご長寿を目指す上で気をつけるべきは病気ですね。

病気には身体の病気と心の病気がありますが、私が思う最も怖い病気は心の病気ではないかと思うのです。

人生には必ず終わりが来ます。

誰の身にも訪れることですよね?

人生が終わるその時までがその人の人生です。

是非とも謳歌するべきだと思うのです。

しかし、心が折れてしまっては楽しむことはできません。

それどころか心の病気が原因で身体の病気を作り出してしまったり、人生を縮めてしまうことだってあるかもしれません。

最もケアすべきは心です!

心を落ち着かせてストレスを溜めないこと、それが健康長寿の理想的な生活ではないのでしょうか。

私が元気なお年寄りを見ていて感じたことはストレスを溜めないための楽しみを持っているということです。

例えば、

『料理を作って食事を楽しむ』

『軽い運動をして身体を鍛える』

『おしゃべり仲間がいる』

『趣味など、娯楽を楽しむ』

など、決して長い時間を家の中でぼーっと過ごすなどという勿体ないことはしていません。

人生100年時代と言われています。

せっかく100年生きるのなら、健康で楽しく暮らすためにできる簡単なことをさっそく始めてみましょう。

さあ!前向きにどんどん開運していきましょう✨

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました