言霊の力を実体験!言霊パワーは効果絶大、仕事や恋愛の運気アップ!

全体運アップ

今日の開運テーマは「言霊」です。

何事も知っているだけでは不十分、それだけでは自分を納得させられない、そんなことありますよね?

今回は「実体験して腑に落ちた!!」というお話です。

わたし(ルリ)が運営するオンラインストアルリの占い好評受付中です!是非とも覗いてみてください✨

言霊の力で叶った!?

実はだいぶ前から言霊パワーは気になっていました。

「ホントにあるのか?ないのか?」

興味を持ちながらも知識だけの状態で留まっていました。まさに引き寄せの法則の時の状態ですね。

しかし!!「これが言霊パワーなのね✨」と納得の出来事が起きたのです。

言霊パワー体験記

皆さんはこんな経験はありませんか?

叶えたい願いがあって、そしてその願いが「どうしても!何が何でも!叶えたい!」と特に強く思っている場合、つまり執着してしまっている状態ですね。そんな時ほど重くどんよりとしたものとなって脳内の大部分を占めてしまいますよね?

「叶うかな?」「叶わなかったらどうしよう…」と頭の中は常にそのことでいっぱいになり、そしてそこまで思っているのにやはり『その願いはなかなか叶わない…。』そんなものです。

ところが、『気にもせずに安易に口に出していることが現実となっていた。』そんな経験はありませんか?

叶ったこと、叶っていないこと

私が常々強く願っていたことは(公表するのは少し恥ずかしいですが😁)、ズバリ!起業して大成功してニューヨークで暮らすことでした✨

あまりにも強く願い過ぎたのでしょうか?なかなか簡単にはいかないものですね。

ところが最近ふと気付いたことです。実は私はオンラインストアルリの占いを運営している占い師なのです。しかし私の夢は先ほども話した通りなので、占い師ではありませんでした。ほんの少し手相に興味があったため、興味半分で家族や友人の手相を見て、そして何の感情も伴わずによく口にしていたのが

「そのうち、どこかの母と呼ばれるかも😆」

という言葉でした。「銀座の母」とか「大泉の母」など、手相占いで有名な母がいますよね?それを冗談で言っていたのですが、ナントナント現実になっていました。

『よく口に出していた言葉が言霊となり現実になる』

これはかなり貴重な体験だと思いませんか?

言霊はあるんだよ!

今回のことで“言霊パワーはある!”と、一瞬で無意識が悟りました。

「軽く口に出していたことが現実になっていた」

という体験、皆さんもありませんか?私はこのこと以外にも、大小問わず数知れずあったことも次々と思い出されました。しかし、それが言霊パワーとは全く思いもしなかったのです。というより、きっと、今!気付いたことに意味があるのだと思います。全てはベストなタイミングで起きてますからね。

幸運が加速する生き方

シンクロニシティー(つまり偶然の一致)思ったことがすぐに実現するとか、自分に正直に素直に生きているとホントに幸運への扉が早く楽に開かれますね。さらに、無理することが減るので身体も心も軽くなって生きるのが楽しくなります。

開運の鍵は、とにかく自然体で生きることです。もともとそれができている人や、意識してできるようになった人、そんな人達の人生は幸運が加速します。

そして、幸運を感じながら生きている人は使う言葉も自然と前向きなものになりますよね。それがまた幸運のループへと繋がっていくのです。

言葉もエネルギー

私の以前の記事でついてる人・運がいい人の特徴!それはラッキーアイテムの効果だったにも書いていますが、ついてる人・運がいい人の特徴は「感情のコントロールが上手な人」だと思います。

感情は嬉しい、悲しい、怒りなどのエネルギーとなり表に出るものです。そのエネルギーと同じ種類のエネルギーが自分の元に引き寄せられる、というのが引き寄せの法則です。

言霊はエネルギーと同じで自分の中から出るものなので、気をつけなければいけまんね。知識としては分かっていたことでしたが、今回の体験で『自分がエネルギーとして言葉を発することの重要性』をより深く見つめ直すことができました。

言霊の力で幸運を引き寄せる

言霊パワーは存在しますよ✨✨

なにしろ私が体験してしまったのですから、間違いなく自信を持って皆さんにもオススメします。

「希望通りの仕事に就いた」「収入がアップした」「素敵な恋人ができた」「毎日が楽しい」「人生は思い通り」「ハッピー・ラッキー」

思い付く限りのラッキー言葉を習慣にしましょう。そして言霊パワーで前向きなハッピーライフを引き寄せましょう✨

もちろん私は、「ニューヨークは第二の故郷よ✨」と軽~く口にしようと思っています!

さあ!どんどん開運していきますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました